心理学
投影
投影というのは、自分の心の中の状態を、他人に映し出すことで、 他人も自分と同じように見えてしまうことです。
例えば、自分が怒っていると、相手も怒っているように見えたりしちゃいます。 無意識に起こることが多いので、自覚がないケースが非常に多いです。
この投影が起こることによって、 自分が受け入れたくないような感情や欲求があったときに、 それを、相手が持っているという風に、 心が自動的に解釈してしまう、ということが現実に起こります。
カウンセリングでも、この部分を扱います。
というのも、自分にとって何かしんどかったり、 辛かったりしたことがあった場合、 この、投影、というのが、心の中で起こっていて、 それが何か問題を引き起こしている場合があるからです。
カウンセリングでは、その人が悩んでいたり、 困っていることの背後に、 どんな感情や思考パターンがあるかを見ていきます。
その中で、その人の周りにいる人達は 別にそんな風に思っていないかもしれないのに、 その人にとっては、絶対そうだ、と思い込んでいるようなことが 話を聴いていると出てくることがあります。
例えば、自己嫌悪があった場合、 その人は自分で自分のある部分が嫌いなので、 他の人も絶対そういう風に思っている、 と確信していることがありますが、 実際は、その人が思っているほど、 周りの人はその部分を嫌わない、ということは、よくあります。
自分が体験する出来事の裏側には、 投影があるために、実際に起こっていることが、 自分の心の中で、ねじ曲がっていたりすることがありますが、 カウンセリングでその部分を見ていくことによって、 そのねじれを解消していくことができます。
それは、自分ではわからないことも、 カウンセラーから見たら、客観的にその部分を見れるので、 「あ、これは投影が起こっているんだな」 というのがわかるためです。
一度、自分でも振り返ってみると、 何か気付くことがあるかもしれませんよ。
 
心理学コンテンツを読んで、カウンセリングに興味を持った方へ
心鈴泉のカウンセリングでは、 あなたが今よりもワンランク上の人生に進むためのポイントとなる心理面の課題を明確にしていき、 その課題を乗り越えるための、心のサポートを展開します。 課題を乗り越えることができれば、あなたの前に新しい人生の道のりが開けてきます。
そこで、自分自身が輝きを取り戻していくことを、ぜひ身をもって体験してもらいたい、と思っています。
 
他の心理学コンテンツも読みたいと思った方へ
心理学コンテンツのトップページに、記事一覧を記載しています。
カウンセリングの中で良く出てくる内容や、普段の生活の中で出てくる心の動きについて、 心理学の話などを交えながら書いていますので、よろしければ、心理学コンテンツのトップページに戻り、 一覧の中から読みたい記事をクリックして見てみてください。
_
Copyright(c) 2010 心鈴泉 All Rights Reserved.
本サイト(心理カウンセリング - 心鈴泉)に記載された全ての情報に関して、無断で引用、または、転載されることを固くお断り致します。