心理学
必要とされていないと感じるとき
カウンセリングの話の中で、その人の感情の中に、 「私は必要とされていない」とか、 「私に価値はない」といった 痛みが出てくることがあります。
こういったことを感じたことがある人は多いかもしれません。 また、この感覚をずっと持っている人もいるかもしれません。
自分に価値がないような感じに捕われてしまうとしたら、 そこから、様々な反応が生まれてくるものだと思います。
心を閉ざして、自分の周囲に壁を張ってしまうかもしれません。
そばに自分を愛する人がいても、 その人からの愛を信じられなくなるかもしれません。
自分に新たな価値をつけるために、 駆り立てられるように、何かを成し遂げたいと思うかもしれません。
ただ、自分の価値を感じることができなければ、 その痛みにはずっと捕われたままになってしまいます。
それは、もともと持っていたものでしょうか?
たぶん、成長するに従って、 植え込まれたものなのだと思います。 極端な話ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは そんなことを気にするでしょうか?
必要か、必要ではないかではなく、 自分がただそこに存在するということを、自分自身が認め、 存在することをただ味わい、ただ楽しむということができれば、 それで良いのだと思います。
私はそのままでいい、と思えないよう、 阻害するものがその人の中にあり、 「私は必要とされていない」 と感じてしまうものなのだと思います。
そこには、大きな自己否定があります。
カウンセリングの中では、その自己否定をその人が 手放していくための、お手伝いをしていきます。
自分の価値に気付くということや、 自分と周囲の人とのつながりを感じていくということ、 自分の深いところにある、自己愛を感じるということ・・・ その人の内側には、その自己否定を手放すための 様々なアイテムがあります。
イメージワークを使って、それらのアイテムが引き出されるように サポートしたりもします。
なぜなら、その人の内側には、 自分の傷を癒すための力が必ず眠っているからです。 自己否定がある、ということは、 その力をそこに注ぐことが必要とされているのだと 私は思います。
カウンセリングの中では、 「自分は必要ではない・・・」 というところにある自己否定の理屈を手放せるよう サポートしていきます。
その人の内側にある癒しの力があふれていくことで、 その人が、今よりもより楽さを感じていくことが出来るように、 という願いと祈りをこめて。
 
心理学コンテンツを読んで、カウンセリングに興味を持った方へ
心鈴泉のカウンセリングでは、 あなたが今よりもワンランク上の人生に進むためのポイントとなる心理面の課題を明確にしていき、 その課題を乗り越えるための、心のサポートを展開します。 課題を乗り越えることができれば、あなたの前に新しい人生の道のりが開けてきます。
そこで、自分自身が輝きを取り戻していくことを、ぜひ身をもって体験してもらいたい、と思っています。
 
他の心理学コンテンツも読みたいと思った方へ
心理学コンテンツのトップページに、記事一覧を記載しています。
カウンセリングの中で良く出てくる内容や、普段の生活の中で出てくる心の動きについて、 心理学の話などを交えながら書いていますので、よろしければ、心理学コンテンツのトップページに戻り、 一覧の中から読みたい記事をクリックして見てみてください。
_
Copyright(c) 2010 心鈴泉 All Rights Reserved.
本サイト(心理カウンセリング - 心鈴泉)に記載された全ての情報に関して、無断で引用、または、転載されることを固くお断り致します。